ESP32-CAMを試用 CameraWebServer

ESP32-CAMを試用 CameraWebServer

ESP32-CAMを試用 CameraWebServer

amazonでUSBインターフェースボードとセットになった安価なESP32-CAM を購入し、サンプルプログラム”CameraWebServer”を使って動作を確認してみました。

Arduino IDEのボード設定は同等品と思われる”AI Thinker ESP32-CAM”を選択し、サンプルプログラムの中の”Select camera model”の箇所も”#define CAMERA_MODEL_AI_THINKER // Has PSRAM”のラインを有効にし、アクセスポイントのSSID、パスワードを設定するだけで問題なく動作しました。

ESP32-CAMに書き込み後に起動するとシリアルモニターにESP32-CAMのIPアドレスが表示されました。

Google Chromeで接続し、画面左下の”Start Stream”ボタンをクリックするとCIFサイズでの動画配信を観ることができました。

最大サイズのUXGAではコマ送りになります。

*この無線設備は、電波法に定める技術基準への適合が確認されておらず、法に定める特別な条件の下でのみ使用が認められています。この条件に違反して無線設備を使用することは、法に定める罰則その他の措置の対象となります。